popohaumomの日記

⭐︎60代女子⭐︎なんてことない日々の備忘録

朝活読書『夜に星を放つ』窪美澄 著 と、ガストのスクランブルエッグモーニング♡

『夜に星を放つ』窪美澄 著 と、ガストのスクランブルエッグモーニング542円♡

ケチャップが荒れてる…(⌒-⌒; )

f:id:popohaumom:20240530191711j:image

装画: 松村香子さんという方

可愛いイラストですが寂しげです…

f:id:popohaumom:20240530191551j:image
f:id:popohaumom:20240530191549j:image
どの物語にも、星座が登場する短編集でした。

一番心にグッときたのは、第5話「星の随に」でした。

小学4年生の男の子の、「母」というものへの慕情も、胸を締めつけられました。


このお父さんは、別れた前妻と、男の子にとっては継母である今の妻に対して、

同じ間違いを犯しているのでは?と、思わせる箇所を感じました。

そう考えると、小説の中のお父さんは悪者に描かれてはいませんが、男の子は学ばないお父さんの犠牲なのかな。と。。


男の子は、とても我慢して辛い思いをしているのに、決して大人を恨まず、

周囲の人みんなを愛する姿に涙が滲むT^T

佐喜子さんという老婦人が隣人でいてくれて

本当に良かったと思いました。

東京大空襲を経験した

老婦人の佐喜子さんが言った言葉は重く、

だけど優しく沁みてきます。


「どんなにつらくても生きていればいいことはある。生きることを諦めないで」


どの物語も心を揺さぶられ、そしていつまでも余韻が残る素敵なお話しでしたが、

悲しい終わりはないけど、ハッピーエンドにもならないのです…

登場人物がみんな、じんわりとした寂しさを抱えて生きています…

そのじんわりした寂しさが伝染し、

ワタシには、優しく切なく、

淡く苦しい、そんな物語でした。。

 

今日は5月最終日です。明日から6月!

ほんとに記憶が無いくらい日々が早すぎて💦

小学校の夏休みのあの長さを思うと、

同じ地球の時間軸なのか、不思議過ぎます。

出勤勤務をしない在宅勤務だと、

ますます曜日や日にちの感覚が薄れています。

こんなことだと、

定年後の“毎日が日曜日”になったら、

「今日は何月何日?」の質問に

即答出来そうにないのでf^_^;

何かテを考えなければ!

ボケ加速防止対策頑張りますです\( ˆoˆ )/